本の歴史

本の歴史。記録する形は、画から文字へ

本の成り立ちをご存知ですか?
知識や情報は、紙などの物理的な媒体に記録し、印刷・複製し、流通してきました。
本の印刷 情報の通信手段として言葉や文字を用いるようになって、それを記録し保存する必要があり、そのためにメディアは形を変え、その都度生み出されてきました。
そして現在の代表的なメディアは紙です。
紙の技術は、中国から朝鮮半島に渡り、日本に伝来します。
そのあと、イスラム諸国に、スペイン、ヨーロッパへと広がっていきました。

持ち運びが便利に、ページをめくる楽しみ

中世の時代、 知識を保持し、享受するために、図書館が修道会によって建設されます。
図書館は書物を独占し、蔵書の目録は時代にとっての宝物。

その当時、西暦1500年までに印刷された書物のすべてを、「インキュナビラ」といいます。
言語は、ラテン語。意味は、おむつ。
インキュナビラ 印刷術が、その時はまだゆりかごの中にあったから、と言われています。
インキュナビラには扉も表紙もなく、巻末を開かざるをえません。
結局全部読むことになります。
読書には、非常に不便。読みたいところだけ、読めればいいのに。
そんな願いをかなえるべく、袋綴じが開発。
冊子状になり、持ち運べて非常に便利に。
そうなると、一つの書物では、不特定多数の読者を支えきれません。
たくさんの作品が、世の中に生み出されることになります。
その後、グーテルベルクによって印刷業が革新。
また、印刷業が発達すると、その都度新しい文字が生まれ、 文字の種類が増えると、優れた作品が出来上がります。
書物が乱雑に増えていき、 一度知識を系統立てて整理するために、辞書が開発されます。
辞書ができたのは、啓蒙主義のおかげ。
その後、印刷業が発達・普及したのは、宗教改革のおかげです。
思想の移り変わりに対応するため、厚い紙より薄い紙が効率的。
装丁ができあがり、横に置くものが縦に保管されるようになります、。

保管する書庫から、取り出す本棚へ

保管する本 本の出来が良くなると、たくさんの方が欲しがります。
ですが、その知識が優れたものであるなら、その対価も高くなります。
それでも、知識が、情報が必要という方のために、自分の蔵書を提供しようと考え、文庫が誕生します。
小型化が流通し、その後軽量化へと進む産業。
メディアは移って、紙から電子へ。
著者の意向を汲んだものではなく、誰もが自由に複製できるようになり、著作物自体に権利がつきます。著作物に権利がつくと、提供する方法が限定され、誰もが情報を発信するようになり、誰もが作り手としての立場になりえる時代になってきました。
コピー機がなくなる、そんな時代がくるかもしれません。


だからといって、昔のものに価値がなくなるわけではありません。
あまりに希少なものは博物館や国のものとなりますが、流通するにはその理由があり、時代時代の大衆文化は貴重な文化遺産といえます。

本棚の本
誰かが手に取った本をめくってみてはいかがでしょう。
自分以外の人もこの本を読んでいると思うと、なんだか奇妙な親近感がわいてきて、別の誰かに貸したくなっちゃうかも。

 

巡り巡って、あなたの本が、街の古本屋に。

 

意外な書籍が高価買取できる場合も数多くございますので、本の処分、整理をお考えの方はぜひ一度ご連絡ください。

\出張買取のご予約はこちら/

お電話での問い合わせ お電話での予約受付時間は
11:00~19:00(年中無休)

メールでの問い合わせ メールでのお問い合わせは
365日24時間受付中!