生と死は表裏一体

  • 2014.05.13

本日ご紹介する書籍はこちら

IMG_4985 (3)

『生の科学、死の科学』養老孟司

少し昔に『バカの壁』でベストセラーし、「都市主義」という概念を世に広めた

先生です。私も感銘を受けた一人である。

その流れでも、『唯脳論』など、聡明さは健在である。

年齢を重ねると、脳が退化し、認知症に至る、老いの「方程式」を崩すほど

メディアでの発言に舌を巻く。

文書の訓練をする時にも、養老先生の著書を参考にし、論理とはこういうものなのか、

と勉強になったことを覚えている。

「自然」の重要性を説く、現代人の思考に風穴をあける見識の鋭さを持っている。

ぜひ、一読あれ。

 

\出張買取のご予約はこちら/

お電話での問い合わせ お電話での予約受付時間は
11:00~19:00(年中無休)

メールでの問い合わせ メールでのお問い合わせは
365日24時間受付中!