スタッフブログ

(月)13:48

動物の本

もう平気かなとマスク無しで出勤したところ鼻のムズムズがおさまらず

やっぱりマスクをするはめになっているちょこもです。

 

20度を超える日が増えそろそろエアコンの出番ですね。

我が家にはワンコがいて夏はエアコンをつけたまま出かけなくてはなりません。

古いエアコンなのでそろそろ省エネのものに買い替えなくてはと思っていますが

家電に詳しくないので悩みどころです。

 

本日は動物が登場する本をご紹介しますね。

「ロバのサイン会・吉野万理子」

 

猫、イルカ、鹿、イグアナ、犬、蝶、インコ、ロバ、

動物たちの視点で描かれた8つの物語。

本屋さんのアンソロジーで出会ったウサウマ君(ロバ)が

可愛くて忘れられなかった私にとって嬉しい短編集でした。

すべて動物が主人公、意思疎通が出来ないだけで

それぞれこんなにいろんな事を考えているのかな?

だったらいいなぁと思う反面

下手な事を言わないように気をつけなきゃと思ったり(笑)

パピプー(インコ)のお話には涙が溢れてしまいました。

うちに子はいったい何を考えているのか、気になります。

 

もう一冊は雰囲気がガラっとかわります。

「どうぶつたちの贈りもの・アンソロジー」

ペンネームにどうぶつが隠れている作家さんたちによるアンソロジー。

それぞれに登場するどうぶつも登場の仕方も違って

それぞれに味わいがあって面白かったです。

その中でも私は似鳥さんのお話がダントツでした。

やっぱりヤクルトは美味しいですから(笑)。

 

東京書房ではどうぶつに関わらず様々なジャンルの古書の買取を行っております!!

買取方法は

①出張買取→1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)は100冊以上その他の地域でしたら1000冊以上から

②宅配買取→どの地域でも50冊以上から

③持ち込み買取 →営業時間内(10:00~21:00)なら何冊でも

の三種類ございます。

 

少しでも疑問に思うことがあれば、お気軽にお問い合わせください!!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

     tel

  free

  denwa-mail  

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

またお会いできる日まで。