新着入荷オススメ書籍

(日)19:43

古本屋の仕事ってどんなこと

皆さんこんにちは。

いつもブログを読んでくださりありがとうございます!

 

今日の東京書房の一日は本の買取りから始まりました。

その本たちがこちらです。

とても可愛い手芸の本。

 

こんな本もありました。

面白そうなので、さっそくお店に出させていただきました。

『新入荷』棚に入れたてほやほやです。

 

そんなこんなで

本の買取りから始まり、品出しを終えて、

ふと

「古本屋のお仕事ってどんなことしてるの?」

と聞かれたことを思い出しました。

 

簡単にいうと、先に書いたように

お客様から買取りさせていただいた古本を

店頭に並べて売る、といった感じですが

(その他細かい業務はたくさんありますが・・・)

 

古本を買取り、お店に出すまでに

●買取査定額を調べたり

●古本の値付けをしたり

●ディスプレイの仕方を考えたり

●ポップを描いたり

四六時中、古本のことばっか考えてます📖

 

少しふざけましたが

ここで大事なのが

「ただ売り買いをするのではない」ということ📚

東京書房の理念でもある

『本を捨てないで!』に繋がるところです。

 

お客様が大事にしていた本、愛着のあった本を

次の方の手へと届ける役割があり

その役割をきちんと果たさなければ、、と

常々感じます。

 

東京書房のお店に並ぶ古本たちはすべて

東京書房が行っている出張買取、宅配買取、店頭買取で

買取させていただいた本!

買い取った本を直接お店に出しています。

 

さまざまな人の元にあったたくさんの古本が

お店に並び、次の人の元へと旅立っていく。

それを見守ることが

果たすべき役割であり

古本屋のお仕事の魅力でもあるのかなと

思います📚

 

なんだか堅くて長いお話になりましたが・・・

だからこそ、『本を捨てないで!』と

東京書房はお声掛けしています。

捨てるのに忍びない本がありましたら

お気軽にご相談くださいね◎

 

それでは本日も

お付き合いいただき誠にありがとうございました。

それではまた:)