東京書房ブログ

(火)14:00

心温まる本

5月も半ばを過ぎ汗ばむ季節になってきましたね。

ちょこもは先日の土曜日等々力競技場にフロンターレ戦を見に行ってきました。

その日は横浜銀行のはまペンも遊びに(?)にきていて

↑写真はハーフタイム中の一コマです。

はまペンその足の短さゆえ鈍足で

ふろん太君が台車で運んでおります。

とっても可愛くて心温まるひと時でした。

 

 

本日はそんな心温まる本をご紹介。

アイミタガイ・中条てい

相身互い=持ちつ持たれつお互い様。

帯に「知らないうちに誰かが誰かを救ってる」

とあったのですが正にその通りでした。

娘がいる身ゆえ「夏の終わり」が一番グッときました。

何気ない日常で私も誰かに救われて

誰かを救っているのかも

そうだったらいいなぁ・・・

と素直に思いました。

 

シェアハウスかざみどり

今流行のシェアハウス、若者がたくさんでてくるのかな?

主人公の晴生同様思っていたらまったく違いました。

急坂の上に風見鶏がいる八角形の洋館

表紙の柔らかい色合いがイメージにぴったりです。

シェアハウスの住民はどうして選ばれたのか?

吸血さんってなにもの?

など謎がありつつ最後はスッキリ。

第3章は母親なら涙無くしては読めません。

 

2冊共に読み終わった後に優しい気持ちになれます。

 

読み終わった本の買取は是非東京書房で!!!

東京書房では1都3県(東京・神奈川・千葉・埼玉)は100冊以上

その他の地域でしたら1000冊以上から出張買取でお伺いしております。

   tel

free

 denwa-mail

 

宅配買取りという方法もあり、こちらは地域に関係なく50冊からお受けしております。

是非東京書房にご連絡ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

またお会いできる日まで。